仕事の内容ではなく、性質で選んで転職する

転職の形態

転職をするときに、仕事の内容で選んでしまいがちです。
システムエンジニアなどコンピュータ系の仕事なら、専門の求人情報を探し、人材派遣会社などを利用して自分のニーズにマッチする仕事を見つけることになります。
たとえば、システムエンジニアの人材派遣にはいろいろな求人情報が掲載されています。
登録すれば、マッチした求人を紹介もしてもらえます。
でも、仕事の内容だけではなく、性質についても知っておかないと、転職に失敗してしまう恐れがあります。
希望の職種、希望の条件を選んで転職したとしても、結果的に後悔してしまうこともあるのです。 

ある事例があります。Aさんは、コンピュータメーカーB社に就職しました。
システムエンジニアとして3年働いた後、eビジネスコンサルタントとして2年働きました。
eビジネスコンサルタントは、クライアントのニーズに合ったシステムを構築するのではありません。
顧客と相談しながら利益を出せるビジネスインフラを提供するための戦略や改革、実行、検証を行うのが仕事です。
そして、eビジネスコンサルタントの専門家となり、さらにスキルアップをしたいと思い、C社に転職しました。
もちろんeビジネスコンサルタントとしての仕事です。
スペシャリストとして働くようになり、年収も上がりました。
はた目から見れば、この転職は成功です。

業務の性質も考慮した転職を

しかしAさんの盲点は、転職先の社風、体質をあまり調べていなかったということです。
上司と意見が衝突するなど、トラブルを引き起こす機会が増えました。
Aさんが転職したC社はコンサルティングファームでした。
専門家の集まりが、それぞれの責任のもとにチームを組み、業務を行います。
そこでは個人の力、成果こそが評価されます。 

転職する前の会社、B社はメーカーでした。
専門家の集まりと言うのは同じでしたが、チーム内の連携を重視すると言う点で、コンサルティングファームとは大きな違いがありました。
Aさんは次第に、転職を後悔するようになってしまいました・・・ 

転職とは、やりたいことを実現するためのものです。
Aさんはメーカーからコンサルティングファームに転職し、やりたい仕事でよりスキルアップできると考えていいました。
しかし仕事というものは、仕事だけではなく、組織や人、環境など、さまざまな要因がからまりあって、初めて成功へとつながるものです。
転職をするときには、その点を踏まえて探すことが大切です。
メーカーからコンサルティングファームへ転職するとなると、大きな変換です。
仕事のやり方にも大きな違いがあるはずです。
だからこそ情報収取をきちんとして、自分と合うかどうかを確認することが大切です!

Post navigation