20代は派遣でスキルを磨く

正社員か派遣か

システムエンジニア、ネットワークエンジニアへの転職を果たし、やりがいのある仕事を始めたいと考える人も多いはずです。
その際、多くの人が悩むのが雇用形態。
たとえば、システムエンジニアの転職先を探すのなら、エンジニア専門の派遣は情報が豊富で、探すのに役立ちます。
しかし一方で、安定した正社員としての立場で、転職を果たしたいと考える人もいるはずです。
派遣と正社員、迷うところです。 

ネットワークエンジニアへの転職を考え、派遣での仕事先を見つけたという人がいます。
仮にAさんとします。
この方は20代。
転職先を探すときには、雇用形態にこだわらず、転職先を探したと言います。
そして、希望通りの求人を出していた、派遣先を選びました。
Aさんは、これまでWebアプリケーション開発を行っていました。
転職を考えた時、保守や運用管理に携わりたいと考えるようになりました。
エンジニアとしてのスキルを積むには、インフラ周りのネットワークスキルの取得が効果的と気づいたからです。
ネットワークスキルを取得するには、運用と実務の経験が必要。
そしてそれを提供していたのが、派遣先というわけです。
転職した先ではネットワーク保守運用会社で、ツール開発をしていました。 

この仕事は、最初に考えていた保守や運用管理ではありません。
しかし、ツール開発を続けていれば、ネットワークスキルが身に付きます。
そのため、もともとの目的を果たすことができると考えたのです。 

派遣で働くメリット

派遣先では、数名のチームで開発を行います。
部署の半数以上は派遣会社からの人員です。
このため、派遣ではあるものの、Aさんの裁量、担当範囲は広く、多くの経験を積むことができるようになりました。
たとえば基本設計も、Aさんに任されています。 

転職先を探すには、できるなら正社員でと考えてしまうものです。
しかし雇用形態にこだわるあまり、条件面で妥協を余儀なくされることもあります。
派遣ではあるけれども、自分のスキルアップのための経験を積むことができる職場なら、そこでしばらく働き、もっと良い仕事先に転職することも可能です。
20代のうちには、いろいろなスキルを積む機会を持ちたいもの。
ならば、雇用形態にこだわりすぎるのは、せっかくのチャンスの芽を摘む結果となりかねません。 
自由に使える時間が多い分、通信講座やスクールでWebデザインビジネス英語などを学ぶことを可能です。

派遣として働くメリットはまだあります。
それは、正社員に比べて、サービス残業がないという点です。
やったことに見合うだけの給与を得られるため、やりがいはより増えることでしょう。
これも転職後のメリットと言えますね。

Post navigation