薬剤師の転職後の年収

薬剤師は高待遇で働けることで知られています。
アルバイトとして働くのでも、普通の仕事からは考えられないくらいの高時給です。
やっぱりたくさん勉強してきただけあって、その後には楽な生活が待っているようです。
そして、薬剤師でも、新たなステップアップとして、転職を考える人は多いです。 

Aさんは、調剤薬局で正社員として働いていました。仕事自体は楽しかったし、それほど不満もなかったのですが、私生活とのバランスについて、不安をもっていました。
近年は、薬剤師を取り巻く環境が大きく変わってしまいました。
一度国家試験をパスすれば、その後ずっと、安泰というわけではなくなったのです。
これからは、薬剤師もスキルアップと安定のために、情報収集しないといけない時代です。
このため、Aさんは、薬剤師の転職のためのの人材派遣サービスに登録しました。 

今までの職場は調剤薬局で常勤として働いていましたが、製薬会社に研究職として転職しました。
雇用形態は正社員で、勤務場所までの自宅からの距離も変わりませんでしたが、年収が転職前は年収480万円だったのが、転職後の年収は530万円になりました。50万円のアップです。 
仕事は接客も多い調剤薬局から、開発や分析など裏方の仕事に回りましたが、元々医薬の発展に意欲が高かったAさんは充実した毎日を過ごしているそうです。

Aさんは転職を機に、年収アップに成功しましたが、年収以上にAさんが嬉しく思ったのは、ライフスタイルに合わせたお仕事に就けたということです。
自分らしく生きるために、新たなステップアップを踏み出したわけです。
このため、年収アップと同時に、満足のいくライフスタイルの実現に寄与するような転職先も、見つけることに注意を傾けていました。
見事、希望通りの条件で働ける職場が見つけられた、というのだから素晴らしいですね。

転職を考える際は、なるべくなら年収は上げたいものです。
年収が上がれば、同じ拘束時間で、より多くの対価を得ることができます。
これはとりもなおさず、より自分の希望に合った暮らし方ができると言うこと。
何をするにも先立つにはお金だからです。
50万円の年収アップに成功すれば、自己投資にするのも良し、趣味に費やすのも良し、自分がやりたかったことで、これまでできなかったことを始めることができます。
それが、ライフスタイルの充実にもつながるのです。 

これに合わせて、潤沢になった資金を使える、余暇を提供してくれくれる、ゆとりのある就職先も探したいですね。

Post navigation