30代エンジニアの年収

エンジニアの分野と収入

エンジニア、特にIT系のエンジニアにとっては30代はキャリアを決定づける非常に大切な時期になっています。
IT系のエンジニアを大きく分類すると、ソフト開発系とハードウェア系の二種類があります。
また、純粋なプログラミング業務のみを行うだけでなく、パッケジーソフトとしてのミドルウェア開発をしたり、研究やテクニカルマーケティング・品質管理を担当するという専門的な分野も含まれています。
エンジニアの年収といっても実は平均値を出すことにあまり意味はなく、非常に優れた技量を発揮して1千万円近くの年収を受けている人がいる一方で、一般の営業職よりも安い年収でかなりきつい仕事をしている人もいるという現状があります。
ですので、以下に示すデータも平均年収をとっている中間層が多いというのではなく上下の揺れ幅の真ん中へんがどこにあるかという認識で受け取るようにしてください。

年代で変わる収入

まず、30代前半のエンジニアの年収をみていくとき、最も平均年収が高いのはネットワーク構築関連の業務に携わるエンジニアです。
現在の傾向としては主にJavaを使用し、社内向けのネットワーク/サーバーパッケージを作るという業務が最も多い求人となっています。
経験にもよりますが、ネットワーク構築系のエンジニアの年収はおおよそ約647万円となっており、月の残業代も7万円以上がつくという企業も多いようです。
次いで平均年収が高いのが通信インフラ設計・構築系や、コンサル・アナリスト系のエンジニアです。
いずれも平均年収は600万円を超えており、最高レベルの年収額では1000万円超えも多くみられています。
反面で非常に残業時間が長いというのもこの分野なので、まさに体力に自信のあるエンジニアさんがめきめきと実績を挙げていくという分野になっています。

これが30代の後半になると年収額に大きな変化が見られるようになってきます。
経均年収で比較をすると、最も高い水準となるのがサービス系のエンジニアとなります。
エンジニアとしての平均年収をみるといずれも30代前半のときより平均値がかなり上がっており、最高レベルでは1300万円以上の年収を受けている人も見られるようです。
「エンジニア35歳限界説」という意見もありますが、裏返せばその限界を超えて残る力のある人は、30代前半以上の年収額を受けることができるようになるということかもしれません。
しかし月々の残業時間が平均50~60時間という人も全体の1/3程度おり、どのような働きかたをするかは大きな問題となっています。

Post navigation